(3) 柏崎市のお店のくふう

それぞれのお店では、どんなくふうをしているでしょう。

商店がいにあるお店の方に、どんなくふうをしているか聞いてみました。

洋品店の方のお話

洋品店の方

わたしの店は、江戸えど時代じだいからつづく洋品店ようひんてんです。中越ちゅうえつおき地震じしんで、2けんの店のうち1けんが全かいしました。でも、「まちづくり」を考えて、新しいお店にてかえました。
わたしの店は、とおくから歩いてくるお客さんがいるので、店内にいすをおいたり、買い物しながらゆっくりと話をしたりして、よろこんでもらっています。話しながら、希望きぼうの品物をそろえていっています。

洋品店の様子

お菓子やさんの方のお話

お菓子やさんの方

わたしの店は、1871(明治めいじ4)年からつづいています。わたしが大切にしていることは、安心でおいしいお菓子かし作りです。約20人で協力しておいしいお菓子を作ったり、売ったりしています。また、お客さんが喜んでくれるようにポイントカードを作ったり、インターネットで販売したりしています。

お菓子やさんの様子

柏崎には、いろんなお店があって、それぞれのお店がくふうをしていることがわかります。
商店がいの中にある、柏崎商工しょうこう会ぎ所の人にも話を聞いてみました。

商店街では、お客さんを集めるためにどんなくふうをしているのでしょう。

●商工会ぎ所の人の話

商工会ぎ所の人

柏崎商工会ぎ所では、柏崎市にもっとお客さんが来てくれるように、イベントを考えて行っています。
たとえば、各商店や柏崎市商業しょうぎょう労政ろうせいの人と協力して「柏崎あきんど協ぎ会」を作り、2月に「はなまるクーポン」をくばっています。冬になるとお客さんが外に出なくなるので、サービスけんなどのついた「はなまるクーポン」を利用してもらい、お客さんから買い物をして喜んでもらっています。
また、柏崎市の中心にもっとお客さんが来るように月1回(第1土曜日、5~10月まで)「ほんちょうマルシェ」のお店を募集ぼしゅうして出店しゅってんしてもらっています。当日は、たくさんのお客さんでにぎわいます。また、柏崎市のお店の人が講師となって、専門知識やプロのコツを無料で教えるミニ講座「まちゼミ」も地域の方々との交流をつくっています。

はなまるクーポンのパンフレット
はなまるクーポンのパンフレット
          
ほんちょうマルシェのようす
ほんちょうマルシェのようす
まちゼミのパンフレット
まちゼミのパンフレット
          

●西山町商工会の人の話

西山町では、買い物をするとサービススタンプがもらえるお店があります。月に2回2倍になる日もあります。

サービススタンプ台帳

●高柳町商工会の人の話

高柳では、地元を活性化かっせいかするために、シャッターに絵をかいたり、地元の大学生・金融機関きんゆうきかん連携れんけいしてイベントを行ったりしています。また、買い物をするとサービスけんがもらえるお店もあります。

シャッターアート
高柳サービス会