(2) 野菜・くだものづくりの仕事

野菜やさい・くだもの農家のうかでは、どんな作物さくもつをいつごろ、どのようにつくっているのでしょう。

カリフラワー畑
トマト畑
お米以外にもいろいろな作物がつくられているね。
わたしたちの地いきではどんな野菜やさいやくだものがつくられているか調べてみましょう。

柏崎の野菜やさいについて調しらべてみましょう。

柏崎市の農業のうぎょうは米作りが中心ですが、近年きんねん、野菜作りにも力を入れています。学校の給食きゅうしょくにも、柏崎で収穫しゅうかくされた野菜が数多く使われるようになりました。

柏崎地場じば特産とくさん品 15品目

つららなす そら豆 ズイキ
マコモタケ ゆうごう(夕顔) オータムポエム
新道柿 糸うり ぜんまい
えだまめ カリフラワー 越後姫えちごひめ(いちご)
土垂どだれ(さといも) 磯之辺いそのべトマト 宝交ほうこう早生わせ(いちご)

『柏崎野菜』(柏崎市地域農業再生協議会)より作成

いちご栽培さいばいの学習会
えだまめの収穫しゅうかく
オータムポエムの収穫
柏崎では、「食の地産ちさん地消ちしょう」(その土地とちでつくったものを、その土地で消費しょうひすること)をめざしています。

柏崎の土地は、栄養分えいようぶんが高く、野菜・くだものの栽培さいばいに合っていると言われています。1年を通して気温のが大きいことも、素材そざいの持つあじを引き立てる大切なじょうけんです。また、柏崎では昔からこの地いきに合った特ちょうのある「伝統野菜でんとうやさい」が作られています。

柏崎の伝統でんとう野菜 6品目ひんもく

与板菜よいたな
緑なす
仙人菊せんにんきく
刈羽節成ふしなりきゅうり
新道いも
黒姫くろひめにんじん

『柏崎野菜』(柏崎市地域農業再生協議会)より作成

みどりなす」は、アクが少なく、「黒姫にんじん」はしんまで赤い、という特徴とくちょうがあります。
柏崎でとれるほかの野菜には、どんな特徴があるのか調べてみましょう。
また、柏崎のどの地区ちくでつくられているのか調べてみましょう。