(2) 学問を広める

③ 藍沢南城の教えと三余堂

三余堂で使われた教科書
三余堂で使われた教科書

南城は、「三余とは、一年のあまりの冬、一日の余りの夜、ときの余りの雨の日である。人間その気になればいつでも学問はできる。」という意味から、塾の名を三余堂としました。
塾を新築しんちくしたときには、「一つまみの土も積もれば山になり、一てきの水も集まれば大海になる。人のこころざしも同じことで、ひたすら努力を続けることである。」というおいわいの文を書きました。
南城は、人が生きていくための守るべききまりや年上の者に心をつくしてつかえる大切さを教えました。
三余堂に入学したのは、柏崎や近くの村々の人ばかりではありません。遠くは新潟や上越、ときには、県外からも入学する、新潟だけでなく全国にも知られた塾となりました。29 才で塾を開いてから南城が69 才でなくなるまでの間に、塾生となった人の合計は700 人以上にのぼりました。また、南城がなくなった後も、三余堂は明治時代まで引きつがれました。

わたしたちの学校と三余堂は、どんなところがちがうかしら。

なぜ、三余堂にはこれだけたくさんの人が通ったのでしょう。

県内から三余堂に通った塾生の数
県内から三余堂に通った塾生じゅくせいの数(ふるさと人物館 展示資料)

三余堂とならんでしょうされたじゅくに「長善館ちょうぜんかん」(今のつばめ粟生津あおうづ)があります。
明治時代に新潟県内でこの長善館と三余堂がすぐれた学校として表彰ひょうしょうされました。