〜広げよう・深めよう〜 柏崎の文化財ぶんかざいと道

柏崎市の文化財ぶんかざいを調べてみましょう。

柏崎市には、わたしたちのせんが長い間につくり育てた大切なものがたくさんあります。これらは、昔の人々の生活の様子を知る手がかりにもなります。
こういうもののうち、これからものこしておきたいものは、「文化財ぶんかざい」として保護ほごされています。
柏崎市には、国が決めた文化財が11、県が決めた文化財が21、市が決めた文化財が180、合計212 の文化財があります。これらの中には、建物や彫刻ちょうこく、文書などの形のあるものと、綾子舞あやこまいのような芸能げいのうなど、形のないものがあります。

二田物部神社本殿
二田ふただ物部もののべ神社じんじゃ本殿ほんでん(県)〈西山町〉
牛ケ首層内褶曲
うしくび層内そうない褶曲しゅうきょく(市)〈笠島〉
木造狛犬
木造もくぞう狛犬こまいぬ(市)〈高柳町〉
多多神社本殿
神社じんじゃ本殿ほんでん(国)〈曽地〉
鵜川神社の大ケヤキ
鵜川うかわ神社の大ケヤキ(国)〈新道〉
枇杷島城跡
枇杷びわじま城跡じょうせき(市)〈元城町〉

(国)は国が決めた文化財、(県)は新潟県が決めた文化財、(市)は柏崎市が決めた文化財です。

あなたの住んでいる地いきには、どんな文化財がありますか?柏崎市のホームページや博物館で調べてみましょう。

古い地図や写真などの資料から、昔の道の様子やうつりかわりを調べてみましょう。
人々はどのようにして行き来していたのでしょう。

市文化財「柏崎町古絵図」
市文化財「柏崎町古絵図」(『柏崎編年史上巻』より転載 黒船館所蔵)
およそ260 年前の柏崎の道とまちなみ
米山三里とよばれた鯨波から米山町までの曲がりくねった道
米山よねやま三里さんりとよばれた鯨波くじらなみから米山町までの曲がりくねった道(写真は大正時代の様子)
江戸時代にあった鉢崎の関所
江戸時代にあった鉢崎はっさき関所せきしょ
写真提供 柏崎市立博物館)
米山峠の道標
米山とうげ道標みちしるべ
(右ハかみがた道」とあります。
越後柏崎七街道のパンフレット

越後えちご柏崎七街道かいどうのパンフレット(柏崎市観光交流課)
北国ほっこく街道、綾子舞街道、からむし街道、じょんのび街道、鯖石さばいし街道、北条きたじょう毛利もうり街道、石油街道がしょうかいされています。